宮高生徒の日々の記録

2018年11月の記事一覧

11/29 パラリンピック銀メダリスト上原大祐氏の講演会を実施しました

 本日、総合的な学習の時間に、パラリンピック銀メダリスト、社会起業家の上原大祐氏をお招きして講演会を実施しました。全校生徒対象でしたが百間小学校の教頭先生にも来ていただきました。
 「夢に挑戦する楽しさを教えてくれたオリンピック」と題されたお話は、パラリンピックの魅力はもちろんのこと、自分を変えて挑戦していくことの大切さを教えてくれました。「課題」がある方が楽しい、課題を見つけられた時が自分を変えられるチャンスである。1人でできる活動はない、チームでこそできる。失敗も成功も挑戦した人がわかる。上原氏が挑戦してきたこと、アイススレッジホッケーカナダ戦の様子等々、聞き終わって元気になるお話でした。銀メダルも触らせていただきました。ありがとうございました。





11/26 学校地域WINWIN事業〜宮代町チームの町歩き

 学校地域WINWIN事業で宮代町を一筆書きで歩こうという企画の第3弾です。まずは、宮代高校チームが宮代町の3分の1を歩き、続いてハナレンジャーが子どもたちの歓声を浴びながら歩き、最後に宮代町町長様も参加し、宮代町役場の方々に一筆書きを完成していただきました。
 遠藤先生率いる放送部が一緒に町を歩き撮影をしています。今日は小春日和で歩きやすい天候でした。町の素敵な場所を見ることができました。
 ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。





11/26 文化部フェスタ盛況でした

 11月25日(日)、本校の文化部の発表会の文化部フェスタを宮代町の進修館で行いました。今年度はこれまでと趣向を変えて、発表ももちろんありますが、各部で「体験」できるワークショップ型の文化部フェスタを開催しました。今年は多くの人の来場があり、盛況のうちに終えることができました。
 筝曲、吹奏楽部、演劇部、放送部、文芸部、科学部、美術部、華道部、書道部、漫画研究部、料理研究部、茶道部、生徒会の生徒たちがフェスタを盛り上げました。
 宮代町の商工会長さんや事務局長さん、町役場の方にも来ていただきました。
 来場してくださったみなさん、ありがとうございました。









11/22 持久走大会を実施しました


 天気が心配されましたが、本日予定通り第37回持久走大会を実施しました。加須市の渡良瀬遊水地で男子13キロ、女子10キロを走ります。体育の先生を中心として部活動の生徒さんの協力もあり大会は滞りなく進められました。恒例のPTAのジュースも好評でした。どの生徒も全力投球している姿が見られて、すがすがしい気持ちになりました。













11/15 未来を拓く「学び」プロジェクト公開研究授業を実施しました

 13日、国語、数学、英語の6人の教員が知識構成型ジグソー法を活用した公開研究授業を行いました。今年度は東京大学CoREFの白水始先生を講師にお迎えして、指導助言をいただきました。ほかにも高校教育指導課から2名の指導主事と、地元の小中学校特別支援学校、他の高等学校から16名の先生にご参加いただき、授業を見ていただき、その後、研究協議を行いました。授業も協議も盛況でした。
 6人の教員は生徒の実態に即した、生徒が学び合う授業を考案し、実践しました。生徒たちが、授業者の次に頑張ってくれましたと思います。
 異校種・高等学校の先生たちから、たいへん参考になる意見をいただきました。
 白水先生からもご指導いただき、今後も充実したアクティブ・ラーニンングの授業研究をしてまいりたいと決意を新たにいたしました。














11/9 修学旅行で沖縄に行きました

 2年生が、11月の4日~6日に沖縄修学旅行に行って参りました。天気が心配されたのですが、雨は降らず、1日目の平和学習、2日目のマリン体験、家業体験、3日目の首里城、国際通り観光の行程を予定通り実施することができました。
 民泊では、沖縄の子供のように過ごさせていただきました。沖縄の人や文化に触れて、生き生きとした生徒の顔が見られました。素晴らしい修学旅行でした。

















11/1 11月の朝礼を実施しました

  だいぶ冷え込んできた本日、11月の朝礼を実施しました。
 校長講話、教務主任、生徒指導主任講話がありました。その後、生徒会認証式、書道部の表彰、校歌斉唱を行いました。
  読書の秋です。校長先生が朗読した「聞けわだつみの声」読んでみるのもよろしいのでは。