日誌

汗・焦る セッケンの制作 まだまだ続く5回目

こんばんは。科学部です。

「暑さ寒さも彼岸まで」とよく言いますが、今日(22日)はそれでもやや暑めの1日でした。が、科学部は「暑さもこんなものかなぁ」と動ぜずに実験を行いました。

さて部活動は文化祭をもって3年生が引退し、代替わりして1年生中心となりました。

テーマは引き続きセッケンです。分散登校のため二手に分かれてですが、2日間でゴマ油とオリーブオイルで同様の合成を行いました。左写真は初日のゴマ油セッケン(加熱中)、右写真は2日目のオリーブオイル版です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のオリーブオイル版は、何となくですが上手くいった方(?)で、薬さじで掬い取った生成物を山のように積み上げることができました。実験自体では、ゴマ油のものもオリーブオイルのものも、加熱すると直ぐに泡立ってしまうところがまだまだよくわからないところでした。下の写真は過去3回のオリーブオイル製セッケンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

左のものが過去2回、右のものが今回です。今回のものはまだ濡れていますが、乾くとおそらく1回目(左端)のような、真っ白なやつになるかなぁと予想しています。

部員はセッケンを見て「本当にきれいになるのか??」と半信半疑でした。今後はこういった検証を行っていって、プロジェクトが終了になるのかな、と感じます。

ん~。実験はやはり楽しい……成功・失敗関係なく……。