カウンタ
1 3 6 6 1 6
演劇部について

目標!!「いい芝居を創ってお客様に観ていただく」

 

 

 

 

部員数 9名(2020年7月現在)

 

1年:女子2名 
2年:女子3名 
3年:女子4名

 

 

 


年間スケジュール

 

4月 春季東部北地区高校演劇祭(パストラル加須小ホール)

 

5月 校内公演(視聴覚室特設舞台)

 

7月 中学校演劇発表会(しいの木会館特設劇場)

 

8月 松伏町高校演劇祭(松伏町田園ホール エローラ)

 

9月 文化祭公演(しいの木会館特設劇場)

 

   秋季東部北地区高校演劇発表会(パストラル加須小ホール)

 

11月 宮代高校文化部フェスタ(進修館大ホール)

 

12月 「聖夜!! 冬の演劇祭」(しいの木会館特設劇場)

 

3月 「春絢爛!今咲き誇る演劇祭」(進修館大ホール)
その他 宮代町民文化祭 百間中学校芸術鑑賞会公演(2017年度)等

 

 

 


埼玉県高校演劇中央発表会 出場 於:彩の国芸術劇場
2017年 「マンザナ、わが町」 井上ひさし作 優良賞受賞
2016年 「肉体改造クラブ女子高生版」 古城十忍作 優良賞 スタッフ大賞(照明)受賞
2015
年 「鈴音」 渡部裕美&宮代高校演劇部作  優良賞受賞
2012
年 「Café Printemps~春一番物語~」 渡部裕美&宮代高校演劇部作 優良賞受賞

 

関東高校演劇フェスティバルinシアター1010 出場(埼玉県代表)

 

2013年 「艶容猫伯爵夢世道行」 渡部裕美&宮代高校演劇部作

日誌

演劇部

脚本決め!!

次の上演、11月21日の文化部フェスタで上演する脚本の選定会議を行いました。

部員と顧問が推薦した6本の脚本それぞれの長所・短所をあげていきどの作品にするか検討していきます。今回候補になったのは「汽笛」「先生の話」「夕暮れに子犬を拾う」「キャスティング」「晴れるから」(季刊高校演劇)「贋作マクベス」(高校演劇selection)。キャスト数やストーリー展開などから「キャスティング」が第一候補となりました。この後は、早速、著作者と連絡を取り上演許可が貰えるかを確認します。部活動は中間試験前の休止期間になります。

10/12 演劇部 3年生引退・・大掃除

9月末の秋季演劇発表会で3年生が引退しました。お疲れ様でした。新しい部長の下、次の舞台は11月21日の文化部フェスタです。・・・と、次の芝居に取りかかる前に大掃除をしました。

ともかく「モノ」が多い・・・・次々と断捨離!!でも衣装とか小道具とか捨てられないモノも多くてなかなか大変!!再来週から中間テストなので、今週途中から活動休止です。

10/5 演劇部 埼葛地区秋季演劇発表会

9月26日27日にパストラル加須小ホールに於いて2020年度埼玉県高校演劇連盟・埼葛地区秋季演劇発表会が行われました。今年は新型コロナウイルスの影響で観客は上演校関係者だけに限られ、他校の上演はほとんど見ることが出来ない状況でしたが、各校ともこれまでの稽古の成果を存分に発揮した舞台でした。

26日の1校目の上演は春日部東高校演劇部「BE☆TOMATO」(五島ケンノ介 作)の予定でしたが新型コロナウイルス感染拡大の影響で事前に出場辞退となってしまいました。埼葛地区秋季演劇発表会の1本目は庄和高校演劇部「終始物語」(杉原美鈴 作:生徒創作)

人々から「魔女」と呼ばれる女と両親を亡くした兄・妹の交流を描いた作品。兄弟と「魔女」の交流が丁寧に描かれていて、ラストの「魔女」が十字架に架けられるシーンがとても印象的でした。2校目が不動岡高校演劇部「咲き続けよ、つつがなき世に」(下薗実桜 作:生徒創作)

あの世に迷い込んだ女子高生、それを付け狙う妖怪となった蛇女、女子高生を守る女子高生の曾祖父であり鬼となった弥助、謎の存在であるサトリとカヤ。シンプルながら効果的な舞台装置、印象的なメイクと衣装、独特の台詞回し等々が淡々としたテンポで展開され、独特の世界観をよく表現してました。ここ数年間の不動岡高校演劇部の芝居の中では「ベスト!」と言ってよい舞台でした。次が春日部女子高校演劇部「マジックレイジー」(コトコト 作:生徒創作)

魔法学校を舞台に追試を受けることになった落ちこぼれ生徒とその先生役に抜擢されたエリート生徒の交流を描いた作品。統一感のある衣装と舞台装置で宝塚歌劇を彷彿させる作品に仕上がってました。欲を言えば43分で終わってしまったので、残りの時間を各人物の関係性や確執をもう少し丁寧に大きく複雑に展開出来れば、より味わい深い作品となったように思われます。2日目の27日1校目は蓮田松韻高校演劇部「我が心に迷いなし」(いざきた鈴 作)の予定でしたが、部員の怪我により急遽上演出来なくなってしまいました。前々日にリハーサルまで終わっていたのでとても残念でした。2校目は久喜高校演劇部「白衣の天使」(鈴木二千夏 作:生徒創作)クリミア戦争に従軍している新米看護婦の成長物語。

婦長を始めとする3名の看護婦がよく演じ分けられていました。衣装にも時代的な物が感じられて好印象でした。少佐役が立ち姿や台詞が素晴らしく凜々しい軍人らしかったのですが髪型がロングヘアのままだったのが惜しまれました。

3校目が幸手桜高校演劇部「無限の回廊 YAKUSYAMICHI」(あいもん 作:顧問創作)

エキストラを続けながらも役者を目指す青年の物語。雑然とした舞台空間、社会的存在を感じさせる各役者の演技、スムーズなストーリー展開と安定した舞台展開でした。欲を言えば脚本的にラストのドンデン返しに至る伏線が欲しかった感じがします。4校目が春日部高校演劇部「俺達に余裕はない」(春日部高校演劇部 作)3浪して東大を目指す浪人生がカリスマ塾講師を拉致して地下室に監禁し1年後の東大合格を目指す物語。

二人のテンポよい会話とラストの桜吹雪が印象的な作品でした。5校目が宮代高校演劇部「歌音~「明日の空」は君と共に~」(渡部裕美&宮代高校演劇部 作)

卒業2年後の音楽部員達が再会して一度きりの復活コンサートを目指す4日間を描いた物語。実はこの作品は昨年の「和音」を元に大幅に書き換えた作品。昨年よりもブラッシュアップした部分を楽しんでもらえたようでした。

高校演劇連盟埼葛地区秋季演劇発表会は加盟校9校のうち7校が発表することが出来ました。中心となって運営を支えてくれた常任委員の先生始め全ての顧問教職員、会館スタッフの皆さん、そして全ての加盟校の演劇部員の皆さんお疲れ様でした。

 

9/24 演劇部 御観劇ありがとうございました!校内自主公演!

今年はコロナウイルスの影響で文化祭も中止です。そんな中で23日、校内自主公演をやらせて頂きました。

6月から取り組んでいる「歌音~「明日の空」は君と共に~」を上演することが出来ました。そして27日(日)は埼玉県高校演劇連盟埼葛地区の秋季発表会です。残念ながら今年は観客は上演校の保護者等に限られています。

9/18 演劇部 割り稽古

そろそろ他の地区では秋季発表会が始まっているようです。埼葛地区は26日・27日です。今年はどの地区も上演校の保護者・職員以外の一般の観客は観劇出来ないので他の地区に見に行けません。

ここ数日は各シーンを細かく作っていく割り稽古をしています。役者の立ち位置、動き方、台詞の言い方等々どうしたらお客様により有効に伝えられるかを試行錯誤する毎日です。昨日覚えた動きが今日変わることは日常茶飯事。「演出は毎日変わる」が合い言葉です。

9/14 演劇部 衣装あり通し稽古!!

地区発表会を2週間後に控えた9月13日に不動岡高校演劇部さんと合同の通し稽古会を行いました。

不動岡高校演劇部の「咲き続けよ、つつがなき世に」はこの世でない世界で繰り広げられるファンタジー。各役者の存在感がしっかり表現されていて、不思議感に満ちた独特の世界が展開されていました。

宮代高校演劇部「歌音」では、大道具は有り物を利用しましたが衣装は本番と同じ物を利用して上演しました。両校ともに2週間後の地区発表会に向けて取り組むべき課題が数多く発見出来た実り多い通し稽古でした。

秋季演劇発表会・会場下見

9月26日・27日に行われる埼玉県高校演劇連盟・埼葛地区大会のスタッフヒヤリング&会場下見に行ってきました。会場となるパストラル加須は通常は300名程度の観客数ですがコロナ対策のため半数以下の130席ほどに制限されています。

春季演劇祭が中止となったので1年生にとっては初めてのホヤリング&パストラル加須となります。舞台や調光室などをしっかりと見学してきました。

学校説明会&部活動体験

8月29日(土)に今年度初めての学校説明会&部活動体験がありました。演劇部には3名の中学生が見学に来てくれました。

ジェスチャーゲームや呼びかけゲームを体験してもらい、現在稽古中の「歌音」のワンシーンも見て頂きました。

8/24 演劇部 御観劇ありがとうございました!

8月23日に宮代町コミュニティセンター進修館大ホールで

「歌音~「明日の空」は君と共に~」(渡部裕美&宮代高校演劇部:作 劇中歌・内藤賢人:作曲)の

初上演を行いました。

部活動再開からの短い稽古時間でしたので、大道具はほとんどが過去に作った物の再利用。

衣装・小道具も有り物を使用しての舞台でしたが

なんとかお客様に見て頂けるレベルまで仕上げることが出来ました。

観客も宮代高校の生徒・保護者などに限定しての上演でしたが60余名のお客様に

楽しんでもらうことが出来ました。

8/19 演劇部 上演!「歌音~「明日の空」は君と共に~」

8月23日14時より宮代町コミュニティセンター進修館大ホールにて

これまで取り組んできた「歌音~「明日の空」は君と共に~」

(渡部裕美&宮代高校演劇部:作)を上演します。

残念ながらコロナ対策として観客は宮代高校生徒・保護者及び教職員等に限定されています。

連絡先:watanabe.yutaka.18@spec.ed.jp(宮代高校演劇部顧問:渡部)